EMDRトレーニング参加資格

会則第3章-第11条によりEMDRトレーニングへの参加資格は以下のようになっています。

医師 医学部を卒業し、医師免許を有し、少なくとも2年以上の精神医学又は心理学的な臨床経験を有するもの。場合によっては所属長あるいは指導医(者)の推薦状あるいは証明書を要することがある。
心理職 臨床心理業務に関する国家資格を有し、少なくとも2年以上の精神医学又は臨床心理学的な臨床経験を有するもの。場合によっては所属長あるいは指導医(者)の推薦状あるいは証明書を要することがある。但し、臨床心理業務に関する国家資格が存在しない現状においては、臨床心理士の資格をもって代替するものと判断する。
Part2トレーニングの受講について Part2トレーニングの受講は規定により、Part1修了後、一定期間の臨床実践(3ヶ月以上)を経てからでないと認められません。
サブコンテンツ

このページの先頭へ