第24回 EMDR Weekend2 トレーニング

 時候不順の折、みなさまにはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

 このたび第24回 EMDR Weekend 2 トレーニングを、創始者F・シャピロ博士が主催するカリフォルニアのEMDR研究所の協力のもと開催いたしますのでご案内申し上げます。参加をご希望の方は下記をご確認の上、お申し込みください。

日時 2018年 8月3日(金)、4日(土)、5日(日)

1日目 受付開始 9時、研修開始9時30分
2日目、3日目 研修開始9時
・昼食休憩 60分、昼食は各自
・3日間の終了時刻 17:00

参加資格 日本EMDR学会が定めた参加資格

医師・・免許取得後、精神科・心療内科・小児科などの領域で2年以上の臨床経験を有する方。

心理職・・臨床心理士資格認定協会資格「臨床心理士」資格取得者。

上記の資格を満たし、かつWeekend 1 トレーニング及び5時間のベーシック・コンサルテーションを修了された方。

※2013年3月までのPart1トレーニングを受講した方は、Weekend2を受けるまでに5時間のベーシック・コンサルテーションを終了される必要があります。受講につきましては、個別にコンサルタントに連絡して日程や受講費用について交渉いただく必要があります。詳細は学会事務局にお問い合わせください。

定員 45名(予定)
参加費 72,000円(税込。ベーシック・コンサルテーション代5時間分を含む。ベーシック・コンサルテーションについてはこのページを必ずご覧ください
※2014年3月までにWeekend1を受講された方は74,000円(税込)
会場 8月3日、4日 明治大学中野キャンパス402教室  東京都中野区中野4-21-1
8月5日 明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント4031教室  東京都千代田区神田駿河台
講師 市井雅哉 EMDR研究所シニア・トレーナー
受付期間 2018年6月18日(月)~25日(月)
(消印有効。審査後に参加の可否をご連絡いたします。)
申込方法

 申込書 2枚( 申込用紙 & 実施状況報告書*1)に所定事項をすべてご記入の上、返信用封筒としてご自分の住所、お名前を記入なさった定形最大封筒(長形3号、A4用紙が3つ折りで入るサイズ)に82円切手を貼って同封し、下記までご送付ください。

 2018年6月18日(月)の消印から受け付けとなりますので送付日にご注意ください。受付開始日より早い消印のものは無効となります。先着順ではございません。

 資格審査の後、全員に返信用封筒で参加可否をお知らせいたします。結果は7月中旬ごろに送付する予定です。なお、ご受講いただける方には会場の地図、入金方法等が記載された受講案内を同封いたします。

 *1 Weekend 1 修了後の実施状況を受講許可の審査に使用しますので、規定用紙にご記入ください。

申込・問合せ先 下記で承ります。会場への直接のお問い合せはご遠慮ください。
主催:日本EMDR学会*2
事務局:〒673-1494
兵庫県加東市下久米942-1 兵庫教育大学 市井研究室
TEL&Fax: 0795-44-2278  e-mail: info@emdr.jp

余裕があれば、下記の書物を前もってお読みください。必須ではありません。また、会場で割引販売の予定です。

推薦図書:EMDR-外傷記憶を処理する心理療法- フランシーン・シャピロ著 市井雅哉監訳 二瓶社

●講師紹介

市井雅哉
 EMDR研究所シニア・トレーナー、兵庫教育大学発達心理臨床研究センタートラウマ回復支援研究分野教授、臨床心理士、専門行動療法士。

 急性、慢性のPTSD、恐怖症、ストレス、不安障害、うつ病の査定と治療が専門で約30年の臨床歴を持ち、現在、日本EMDR学会理事長、日本行動療法学会編集委員、EMDR Asia理事を務めています。

 これまでにEMDRに関して日本EMDR学会、日本外来精神医学会、日本カウンセリング学会、日本健康心理学会、日本行動療法学会、日本催眠学会、日本児童青年精神医学会、日本心身医学会、日本心理臨床学会、日本トラウマティックストレス学会、日本認知療法学会、日本バイオフィードバック学会、日本ブリーフサイコセラピー学会、日本臨床催眠学会、WCBCT(世界行動療法認知療法会議)、韓国EMDR協会、アジアEMDR学会などで講演歴があります。

●EMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)

 F・シャピロ博士がPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療のために1989年に発表した心理療法で、迅速かつ効果的な方法です。APA(アメリカ心理学会)、ISTSS(国際トラウマ研究学会)、英国保健省、イスラエル、フランス、米国防省、ドイツ、オランダ、北アイルランド、スウェーデン、オーストラリア、WHOなどでもPTSDに対するEMDRの効果を実証されたものとして評価・推奨しています。

 最近では、EMDRの適用範囲は、さまざまな不安、うつといった精神疾患から疼痛といった身体疾患までと広がっています。その過程で用いられる眼球運動が、情報処理モデルにおける神経生理学的活動を刺激することで外傷的な記憶の再処理を引き起こします。 Weekend 1 トレーニングの修了で単回のPTSDや単一恐怖などに対応でき、Weekend 2 まで修了すると複雑性PTSD、解離性障害、社会恐怖や人格障害などにも柔軟に対応できるようになります。

●F・シャピロ博士

 カリフォルニア州パロアルトにあるMRI (Mental Research Institute) の主任研究員、EMDR研究所の所長、人道支援のNPO組織EMDR-HAPの創始者、The American Academy of Experts in Traumatic Stress の理事、Traumatologyの編集委員を勤めています。30以上のEMDR関連の著作があり、世界中でトレーニングを行っています。

●研修は大きく、講義と実習、全く別日程のベーシック・コンサルテーション(別紙参照)に分かれています。講義は市井雅哉、による一斉講義ですが、実習では9~10人で一班となり、各班にファシリテーターがつき、実習をスーパーバイズします。参加者は3~4人一組で役割を交代しながら自身の問題に焦点を当てて実習をします。この体制は、実習場面での急速な心理的変化に適切に対応するためのものです。

●参加ファシリテーター 
 太田茂行(生活心理相談室ナヌーク)
 白川美也子(こころとからだ・光の花クリニック)
 竹内伸(さきお英子子ども心のクリニック)
 仁木啓介(ニキ・ハーティー・ホスピタル)
 大塚美菜子(兵庫県こころのケアセンター)
ほとんどのファシリテーターがコンサルタントとして、ベーシック・コンサルテーションを提供します。

*2 日本EMDR学会 はEMDRIA(国際EMDR学会)から日本でのEMDRに関する研修認定、資格認定を行う組織として認定されました(2004. 2. 26)。本研修への参加で、臨床心理士及び精神神経学会の更新ポイントを獲得できます。
 Weekend 1 & 2 全日程及びベーシック・コンサルテーション10時間に参加なさった方には、日本EMDR学会からEMDRトレーニング修了証が授与されます。

このページの先頭へ