お知らせ

ニューズレター34号(2020秋)を掲載しました

ニューズレター34号はこちらから。(2020/10/14掲載)


昨年2019年の総会資料を掲載しました。(パスワード保護)

こちらから


第15回大会第2報および参加申し込みページができました

こちらからご参照ください 

(受付期間が終了しました)

9月25日早朝から18時30分までの間、登録フォームに不具合がありました


第15回大会について更新しました

会員の皆様へ

第15回日本EMDR学会学術大会及び継続研修につきまして多大なるご協力を賜り、心より感謝申し上げます。

第15回学術大会準備委員会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について予断を許さない昨今の事態を鑑み、開催日及び開催方法につきまして慎重に検討を重ねてまいりました。そして、当学会理事会とも相談しました結果、当初予定しておりました現地開催を断念し、日程を変更せざるを得ないと判断致しました...


新型コロナウイルス感染症予防対策への協力要請などが政府から発信されておりますが、そういう現状を勘案に入れ、日本EMDR学会第15回学術大会及び継続研修を延期することにいたしました。
11月1日(1日開催)、オンライン開催です。
詳細につきましては今後ホームページなどでお知らせいたします。


Francine Shapiro博士への弔意
とても悲しいことですが、EMDRの創始者、Francine Shapiro博士が2019年6月16日、71年の生涯を閉じられました。彼女は我々にたくさんの愛、癒やし、希望をくださいました。
Shapiro博士はカリフォルニア、パロアルトにあるMRI(Mental Research Institute)の名誉上級研究員で、カリフォルニア、ワトソンビルにあるEMDR研究所の業務執行取締役であり、世界中で災害支援、無料のトレーニングを組織するNPO(非営利団体)であるTrauma Recovery/EMDR Humanitarian Assistance Programs(トラウマ回復/EMDR人道支援プログラム)の名誉会長を務められました。国際ジグムント・フロイト賞を心理療法への卓越した貢献に対して、ウィーン市及び世界心理療法評議会より受賞されました。また、アメリカ心理学会、第56部門から、トラウマ心理学の実践における優秀貢献賞を受賞されました。さらに、カリフォルニア心理学会から優秀科学功績賞を受賞されました。Shapiro博士は、人種政治的戦争における、アメリカ心理学会の「エキスパート集団」とカナダ心理学会の共同イニシアティブの一人に選出されました。
また、世界的多様性をもったトラウマ治療とアウトリーチ組織、雑誌の顧問を務められました。世界中の学会での招待講師を務め、EMDRに関する90以上の雑誌、書籍の章を単著、共著にて著してこられました。
日本で実施されてきたEMDRトレーニングのプログラムはすべて彼女が作成され改訂してきたものです。EMDRを通して世界を変えてくださったことは間違いありません。ご冥福をお祈りしたいと思います。


コンサルタントについて更新しました


ニューズレター32号+33号合併号 2018年夏号を掲載しました


ベーシック・コンサルテーションについて というページを掲載しました

認定EMDRトレーニングに際して合計10時間のベーシック・コンサルテーションを受ける必要があるのですが、ベーシック・コンサルテーションに関しての詳細な説明をこのページにまとめておきました。


学会認定資格の申請要件変更のお知らせ

EMDRIA及びEMDR Europeなどの情勢と照らし合わせながら、当学会の資格制度の改訂が行われますのでご覧ください。


安全な情報伝達についてという記事を掲載しました

ベーシックコンサルテーション、個人コンサルテーション、グループコンサルテーションの実施の際に、臨床事例の資料の送付方法や、グループによる資料の閲覧方法、学会が提供している電話会議などについて説明してありますのでご活用ください。

このページの先頭へ